FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

愛されバラ。 

新しいsugar作品 |

 
 
   elbe249b_.jpg

 

 自宅にあるバラ図鑑を目に通したりしながら、シュガークラフトでのバラづくりをされる綾部さんですが、
今回は庭に咲いたバラを作り出されました。
実際に蕾から開いたバラの様を、すぐさま色出しをして作り出されるなんて! 個人的には心オドル瞬間でした。

バラの名前は、『ラマリエ』、フランス語で「花嫁」の意。
岐阜県で、女性育種家の手によって作り出された、女性らしいやわらかな雰囲気を持つオリジナル品種。
色合いと言い、フリルの花びらが醸し出す雰囲気は、なんとまぁ、見ていても飽きない程の、チャーミングさ。
この春、我が家の庭にやってきたばかりなので、花数はわずかでしたが、来年たくさんが咲いてくれることを
想像しただけで、にんまりです

その代わりに、砂糖から作られた”ラマリエ”はお似合いの花器にめいっぱい飾られ、実際のバラの様な
透明感も持ち合わせ、どこから見ても本当にチャーミング。
間違いなく誰からも好まれる、愛されバラですね。

 
        
        elbe249c_.jpg



 ちなみに、一緒に購入したバラは、同じバラ農園で育成されている『ルシファー』。

淡いパープル系のバラが庭にあればいいなーと探していたのですが、希望していたものがなく代わりに
おススメされたのが、ルシファ―でした。
ラマリエ同様、庭に植えてみたのですが、残念ながらどうも蕾を開いてくれる気配が全くなく…
遅ればせながら調べてみると、なんとまぁ、気難しいバラだったようで。

ルシファー はもともと、ラテン語で「光を帯びたもの」の意で、キリスト教以前から「明けの明星」を指す言葉
として用いられてたそうです。
聖書に関して無知な私が語るわけいきませんが、『ルシファーは元々全天使の長であり、天使たちの中で最も
美しい大天使であった』
このお話を励みに、気難しいルシファーが美しい花を咲かしてくれるのを待つばかりです。


スポンサーサイト



23:21 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

見事なバラ。 

新しいsugar作品 |



          elbe248b_.jpg

 
 季節はうつろう。
植物たち、自然の恵みは何があろうとも確実に流れにのって、移り行きますね。
気が付けば、まばゆいほどに空気は澄みわたり、新緑が青々と美しいです。
庭の花々も日に日に変化し、見るも楽しく穏やかなひと時を楽しませてくれます。
バラの見せてくれる、さまざまな表情はひと際うつくしく、何とも言えず優美で、奥深い。


  



 ここまで新型ウィルスが広がるとは、以前の生活の時は想像もしていなかったですね。
もともと、Stay Homeの私たちですが、綾部さんも教室始まって以来の事態で、時間に余裕があり
次々とシュガー作品が出来上がりました。



         elbe248c_.jpg


  庭のバラの蕾からひらいていく姿は、とってもかわいかったり、色っぽかったりと、見ていて飽きません。
バラの持つ魅力をとらえ、それを砂糖でカタチにし、綾部さん自身のイメージでひとつの作品にしていく。
実際のバラに劣らず、存在する砂糖で作られたバラの数々。
摘み取ったバラをまるで見あった花器に生けるかの如く、砂糖で作られた花器。
本当に、見事です。

 この花々が咲きそろったよい季節に、教室がお休みで皆さんの目にしてもらえず残念ですが、少しでも早く
落ち着くことを願うばかりです。




00:39 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

春が来たけれど。 

日常 |

 

 春になると、こぼれんばかりに花を咲かしてくれる庭のモッコウバラも、この雨の後にはつぼみを
開いてくれることでしょう。
季節ごとの花も、温暖化の影響は多少あれど、それぞれ顔を見せてくれ、地球の恵みは何ら変わ
りないのに、この2020の春は、かつてない動きですね。
早く落ち着きを取り戻してほしいと、願うばかりです。


 カフェオランジュ工房の面々は普段から、出不精で自宅にこもりがち。
なので、日々変わらず、毎年決まって作る季節ごとのお菓子製作を続けております。
お菓子サイクルも年間の上半期は、けっこう静かに慌ただしいです。

チョコレートづくりを終えると、キャラメル、マシュマロ、いちごのコンフィチュールと続きます
それぞれに個性とかわいらしさを備えた、コンフィズリーは小さいながら魅力満載。
(コンフィズリーは砂糖菓子。小麦粉などの粉類は使用せず、オーブンで焼かない小さな
お菓子のことを指します)

 ここしばらくは、いちごのコンフィチュールづくりウィークです(笑)
なかなか綾部さんのお気に召す『いちごの粒の大きさ』がなくて、やっとここ最近、粒ぞろいに!
いちご農家さんからもぎりたてのいちごを、鮮度の良いうちに分けていただき、私の帰りを待って、
すぐさま、コンフィチュールづくりに入ります。

ひと粒一粒のいちご本来の美味しさ・食感・香りを大切にとじ込め、その上、なんとも美しいルビー色に
何かと共にいただくのも良しですが、私はひと粒の味わいをじっくり堪能しながらいただくのが好きです。
春ですね~
どうぞ皆さんもこんな時こそ、メディアに振り回されず、旬の恵み・美味しいものを口にして気持ちを
晴れやかにしましょう!



  

 『カフェオランジュ工房のお菓子 & 綾部さんの砂糖で作られるバラの数々』で綴った、四月はじまりカレンダー
 お待たせいたしました!


16:56 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit





09:21 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

ショコラな日々。 

日常 |

 
 年が明けてからは毎年のごとくトリュフづくりが始まり、出掛けることもなく朝から一日中、工房で
ショコラ・ショコラ・ショコラな日々です。
 

 チョコレートの存在はやはり魅惑的で存在感があり、妥協を許してはくれない、君臨し続ける女王さま。
チョコレートづくり見習中の私には気位が高く、足元にも及ばず、遠巻きにお手伝いしている状況です。
そんな女王さまを綾部さんは、長年のお付き合いと経験、ご自身の持たれるセンスで、いとも容易く
様々な姿にアレンジされます。

トリュフの中に入れるガナッシュづくりは、綾部さんの頭にあるアイデアがとっても手早くカタチにされ、
それからますます変化に富み、どんどんアレンジされていく姿はまさに、『調合師』。
アーモンドやヘーゼルナッツをキャラメリーゼしたり、フルーツテイストを調合してから、テイストごとに
風味を考え、パーセンテージの違うチョコレートや、タイプの違いや、原産国の異なるチョコレートを様々
駆使して作られていきます。
アイデアが湧き出て、どれにしようかな~と本人もとっても楽しみながら製作中です。
(体力と忍耐が必須のチョコレートづくりなので、過酷ではありますが…)

王道のアレンジや、意表を突くタイプに、食感に趣を置いたり、あったらいいな~みたいなタイプや、
味わいや雰囲気の異なるテイストが生まれ、傍で見ていてもワクワクします。

 私事ですが、昨年と私が全く違う点は、チョコレートの香りさえ受けつけなかった私が、どういうわけか
チョコレートとココアの愛好者となってしまったこと。
自分でもとっても不思議なのですが、昨年は嫌になるくらい定期的に体調を壊し、やっと落ち着いたころ
には突然変異でも起こったのか、チョコレートを大好きになっていたのです。
長年ともに暮らす、綾部さんとお姉ちゃんはしみじみと、人間変われば変わるものだ…と。


 さらにアイデアを加えられた今シーズンのトリュフは、一粒ひと粒の世界が広がり、香り高く、奥深い
味わいに仕上がっております
まもなくご案内できるかと思いますので、ぜひぜひお楽しみにされてください。


 
  

  わたしを元気つけてくれるショコラの数々(私の所有物です)


22:00 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit