FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。



暦の上での『入梅』通り、空模様も悪く、傘が手放せない。6月11日『傘の日』にお似合いの
一日となった。気温の変動に、低気圧の影響で風邪気味だったり、体調を崩したりされる方も
多く、やはりこの梅雨時期はスッキリしない。私もその一人ですが。。

こんな日にチョイスしたバラは、まばゆいほど明るく、パッと気持ちが弾むような黄色のバラ。
バラの名前は、”ヘンリー・フォンダ”。
アメリカの俳優ヘンリー・フォンダが、この黄色い薔薇をこよなく愛し、多く栽培されていた
ことからその名が付けられたそうです。

もっとも人の目にとまりやすい色とされる黄色。気分が落ち込んだ時などは黄色を意識
すると、エネルギーを与えてくれ、気分転換・バランス感覚をもらたす色ともされています。
なので、綾部さんも体調がすぐれない方には黄色の花のシュガーを贈ったりされます。
心や脳、気分にまで深く影響を与えてくれる色の存在は、大きいですね。


綾部さん自身、子どもの頃から色に対する価値観は人一倍強く、好みがはっきりしていて、
例えば、着るものに於いても『ピンクは嫌だ サックスブルーでなければならない』などと
言って、母上を困らされたそうだ。
もちろん現在も、独自の揺るぎない色彩感覚が確立されているため、花色を作り出す作業には、
時間を費やされる。
色が作品を左右すると確信されているため作品を作り出し、寸分の差でも色の違いに気付かれ
た時は、それまでの労力が在ろうともまた一から、元の作業に戻られるほど色には妥協されない。

だからこそ、出来上がった作品はすべてバランスと品位・風格が保たれ、砂糖による演出
”Ayabeワールド”が存在するのでしょう。

そうそう黄色は、頭をクリアにしたい時にも良いそうです
お仕事でお疲れのみなさん、手を休めて『黄色のバラ』で休息タイムを!





elbe160a.jpg
≪ReBORN≫大プレート
バラ: / ヘンリー・フォンダ produce by Kayoko Ayabe





スポンサーサイト



17:16 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit