FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

パンの試作 

お菓子 |


ハーゼルヌス ブロート

ヨーロッパでは”パン屋さんが作るパン”と、”菓子職人が作るパン”
が存在していて、日々の糧を担うパンと、食卓を彩るパンと言った
ところでしょうか。。各々プライドを持って仕事をされていて、それぞれ
の良さがあります。

このパンはドイツ系の菓子パンで、飾り気がなく素材重視です。
”ヘーゼルナッツのパン”という意味で、ヘーゼルナッツのペーストした
ものが織り込まれ、ペーストにも生地にも特殊なブラウンシュガーが
入っていて、とても美味な菓子パンに仕上がりました!
スポンサーサイト



02:10 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

マカロン 

お菓子 |


Macarons

ここ数年、日本でもよく知られるようになったのは”パリ風マカロン”。本国では昔、パリ以外では
あまり作られていなかったとか。。見た目のかわいらしさからか、今やフランスのパティシエが
作ってみたいと願う人気菓子となりました。
姿がとてもかわいらしいマカロンですが、シンプルだけに作る上では技術的に難しく、失敗する
確率が高いため、それゆえに本当に愛おしいお菓子です。

caféオランジュのマカロンは、天然色にこだわり、たっぷりの鮮度のよい香り高いアーモンドを
使った生地に、パッション味のバタークリームの”バニーユ”とまろやかで濃厚な味わいの”ショコラ”
の2種類です。作り手も愛おしく思うマカロンだろうです。



elbeswe002.jpg
〈プレゼントボックス〉
21:28 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

いおり 

砂糖で作られた花 |




”いおり”は日本で作られた、わりと新しいバラです。
ピンクブラウンの落ち着いた色合い、それでいてうつくしさを秘めた
つい見惚れてしまう様なバラに仕上がっています。

砂糖での花作りは、まず色出しから始まり、実在するバラに近づけて
作り上げていくため、ある程度の本数ができるまでには結構な時間を
要します。このバラを使っての、新たな作品が出来上がるのが、
待ち遠しいです。

いつも砂糖から作る、バラ作りの始まりは偶然から始まるそうです。
その時の気分で、その時目についた、バラをチョイスされます。
今回は初めて和名の付いたバラだったので、調べてみると、滋賀県の
”ローズファームケイジ”さんのバラ園で栽培されているバラでした!
知らないだけで、いろんなところで素敵の仕事をされている方がいらっ
しゃるですね~
綾部さんはしばらく、”ローズファームケイジ”さんの優雅なバラに
夢中になりそうな気がします。個々のバラに見合った、素敵な名前の
響きがまた、そそられます。

00:17 |  trackback: 0 | コメント: 1 | edit

可憐なアンティーク 

出来事 |

elbeb010a.jpg


大切な方からのプレゼントだと、お話をうかがいました。
なんと可憐で、愛おしい”一輪挿し”。昔の職人さんは本当に欲もなく、
ただただ素晴らしい作品をつくりたい一心で、作られたんだろうな~と
感心します。この花器のデザイン、粋なアイディアがまたいいです。
”陶器で作られた、素敵なブーケ”です。
23:52 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit