FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

elbe50b.jpg
愛と情熱のヴァイオリニスト ”Atef Halim”
綾部加代子お菓子教室にて


elbe50a.jpg

昨夜、お菓子教室にて小さいステージながら、和やかな笑顔に包まれ、アテフ・ハリム
さんのヴァイオリンの音色がピアノと共に響きわたった。
言葉はなくとも音楽の持つエネルギーで、心は通じ合える。それが音楽の力!
その言葉通り、集まった方々の心を温めていただき、幸せなひと時でした。

滅多とない機会を与えていただき、ありがとうございました。


elbe50c.jpg


スポンサーサイト



23:44 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit




明日は”アテフ・ハリム”さんによる、~ヴァイオリン ホーム コンサート~。
間近でヴァイオリンの響きが聴けるなんて、本当に楽しみ!


Power of Music
Atef Halim Violin Home Concert

elbe049.jpg
00:56 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

芸術的な!アップルパイ 

お菓子 |


"Apple Pie" by café オランジュ


オーブンから焼き立てのアップルパイが取り出された。
うわぁ~ なんて、見事なアップルパイ! 紅玉の甘酸っぱい香りに、バターのいい匂い、
パイのサクサク感。。 受け取った人はきっと大喜びですね。

普段から綾部さんは、興味あることは何事も静かに夢中で追及するタイプ。
見た目にはわかりませんが、パイ生地の配合も最大限バターを織り込み、層の重なり具合と
言い、最近では味わえなくなった最高の味わい。焼き具合の模様に至るまで、計算されていて
ほんと芸術品です!
17:53 |  trackback: 0 | コメント: 1 | edit

バラでひと息! 

新しいsugar作品 |


produce by Kayoko Ayabe
オートクチュール


今日は空気が澄んで山の稜線が美しく、秋の心地よい光が差し込んだので、久しぶりにゆったり
写真撮り。あまりにもバラの持つ雰囲気がよくて、あっという間に気に入った一枚が撮れました。

近頃、仕事がお忙しそうで、慌ただしく過ごされている方からのオーダーでしたので、早くこの
作品を手もとにおいて、時間を見つけてひと息ついてくださいね!
21:39 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

色づかい。 

出来事 |

とても興味を魅かれるおみやげを頂いた。
あまりの色づかいの素敵さに、興味津々。。しばらく見入ってしまった。

韓国のおみやげで、伝統衣装”韓服”のカードになっていて、それぞれの
衣装に細工がされていて、どれもこれも色の組合せがきれいで、カードを
入れる封筒までもが雰囲気を合せていて、微々に際にわたり、ほんと粋~
予想以上の私の反応に、お姉ちゃんが購入したすべてのカードを見せてくれ
ましたが、渋いものからかわいいものまで様々。よく考えてあるな。。
カード好きの私にはたまらず、貴重なコレクションとなりました。



21:07 |  trackback: 0 | コメント: 1 | edit

マドレーヌ 

お菓子 |

elbe045a.jpg
"madeleine" by café オランジュ


日ごとに季節が進み、我が家にも秋の代表格”栗”、”紅玉”が産地から届いた。
これから一年間、お菓子の材料にいつでも使えるよう、保存の下準備が始まり、
何かと慌ただしいなる。

朝晩の気温も下がり、バターの香り高い”焼き菓子”が恋しくなる頃。その中でも
やはり”マドレーヌ”は格別な存在! シェル型で見た目もとてもかわいいし、
年配の方にまで幅広い人気で、シンプルな材料で作られているのにとっても味わい
深くて。。 本当に焼き菓子の原点ですね~ 

1755年、仏のコメルシの召使をしていた女性、”マドレーヌ・ポルミエ”が、ロレーヌ
公スタニスラスのために、ありあわせの材料と厨房にあったホタテの貝殻を使って、
祖母から教わった菓子を作ったのがはじまりだそうです。
02:16 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit