FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

あれから三十年… 

sugar作品~修復シリーズ~ |

elbe84.jpg
≪ReBORN≫
Rose(ピスタッシェ!)のプレート
produce by Kayoko Ayabe



綾部さんは30代の頃、イタリアを旅した時、初めてフレスコ画の壁画修復を目にし、昨今のように
『前世』という言葉が世に知れ渡っていないその時点で、自分は前の世界ではおそらくこの仕事を
していたであろう。。と考えたそうです。
その場から目が離せないくらい、見入ってしまい、興奮したという話をされていました。
その時は未だ、シュガークラフトにこの先出会って、のめり込むとは思いも寄らなかったでしょうが。

新しいものより古くから受け継がれているもの、模様や文様、奇抜な色遣いよりもクラッシクな色合
わせ、和・洋どちらにおいても、そのスタンスは変わらない。
ヨーロッパの王家の紋章や、王宮の食卓などの特集本はありとあらゆる種類お持ちで、自ら”宝物”
と称されるほど。
年齢を重ねるごとに明確になってきた、この綾部さんの好きなものの積み重ねが作品づくりの『礎』
のような気がします。

シュガー作品も、”アンティーク調”に自然な流れで移行し、今はどっぷり昔の調度品の再現の
ような作品が多くなりました。
おそらくご本人も、何が何でもこの作品を作るんだと意気込んで今の作風になったわけではなく、
風に吹かれるまま作っていたら、自分の望むところの”アンティーク調”の作品が仕上がった。。
という感じだと思います、何事においてもあるがまま…を好み、無理はされない方ですから。

いまご本人が没頭されているのは、以前ご自身が作られた『作品の修復』。
その時、作品づくりで出しえなかった”Power”が数年後に、また新たにみなぎって、今の制作意欲
を掻き立てているんでしょうね~ 
≪ReBORN≫シリーズまだまだ続きます。


スポンサーサイト



00:53 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

自慢の山々 

お菓子 |

夏の炎天下をものともせず、サルスベリの花は元気に咲いています。
やや暑さに鈍感な私にとっても、今年のこの夏は『酷暑』に認定したいくらいです。

家の近くを走る国道を山に向かっていくと、陶芸の”小石原焼”の窯元が多数ある。
こちらも風情があっていいところだが、この季節の自慢は、右手の山には”みずみず
しい梨”、左手の山の裏手には”ぶどう畑”が!
どちらの山にもこの時期は必ず出向き、決まった農園で丹精込めて作られた果物を
分けていただく。どちらも鮮度がよく、甲乙つけがたく、のどが潤って美味しいんです。

どっしりとした枝に、はち切れんばかりの粒がたわわに実り、味も濃厚すぎず、さわやかさ
と程よい甘みを兼ね備えたこの農園のマスカットで、綾部さんはこの季節限定でケーキを
作られる。ケーキの中は白ワインのババロアで仕上げ、本当によく合うんです~

今回のケーキは、お教室に来られている生徒さんからの特別な注文で、お母様の喜寿の
お祝いの品。マスカットをふんだんに飾って粋な仕上げに!

残念ながら、梨を使ったケーキはこの先も無いようです。。





"Muscat of Alexandria Torte" by café オランジュ
00:52 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

理想の夏休み 

パステル画 |

elbe82b.jpg
"pistachio green" Frog


連日の暑さのせいか、やっと8月に入ったか。。という印象で、まだ先に続く夏の日々が
思いやられます。

キッチンの窓から見える風景も、ギラギラと太陽が照りつけ、紫外線が気になる程。
夜になると、田舎ならでは!で、定番のヤモリさんに、蝉や、クワガタ虫がやって来たり
となかなか季節感たっぷり。
もっぱらの住人はこの”ピスターシュグリーン”のカエルちゃん。
あまりにキレイな色合いでルックスもよく、一日中この窓辺に滞在して、家の中を見守って
くれているようなので、何かの使者と私たちは考えています。。
夏のレジャーのない我が家ですが、窓から夏を十二分に味わっています。

最近、お姉ちゃんがあっという間に、楽しく書き上げたパステル画は、とってもかわいい!
夏の日差しを避けて、木陰で風に揺られながら、ハンモックに寝そべって読書。
こんな夏休みのひとコマは、理想だな~

間もなく立秋。暦の上だけでなく、それが過ぎたら少しくらいは、暑さが緩むといいのですが。。





by Mihoko.K
ハンモックに揺られて



02:04 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit