FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

短い夏。 

出来事 |

2015 SUMMER ≪ReBORN≫
elbe167a.jpg


あんなに響いていた蝉の声もあっという間に秋の虫の音におされ、秋雨前線もあらわれ、
やはりお盆が過ぎると、夏の終わりを感じますね。

これほど、短く感じる夏は未だかつてないくらいのスピードで過ぎてゆきました。。
急きょ春に決定した、『夏のリフォーム』。
家の中ではいちばん広くて、なおかつ、もっとも多くの家具と食器が存在するだけに
この部屋のリフォームの機会がなかなか掴めませんでしたが、決まるや否や、
きれいに生まれ変わるお部屋の完成図を心待ちにイメージし、すべてのベクトルを
八月末に標準を合わせて徐々に準備を始め、何もかも前倒しで事を済ませ、大げさ
ですが私たちにとっては”リフォームのための夏”と言っていいくらいでした。

準備作業はもちろん大変でしたが、その対価とともに素晴らしく見事に、部屋が息を
吹き返したように輝きを放ち、それに伴って調度品がイキイキし出して、すべてが
待ってたかのようにしっくり落ち着きました。
この部屋に属する調度品たちに長らく輝きを失わせていてごめんね…の気持ちと、
再びキラキラと甦ってくれてありがとうの気持ちです。


リフォーム工事自体は約10日ほどでしたが、その間キッチンも最低限のことしかできない
ので気分的にはものすごく長く感じられ、とうとう綾部さんも毎日この状況はつらいので、
やはり何か作らないと体がなまってしまうと、また新たなパンにチャレンジ!

おそらく体もなまるし、脳の働きがストップするのが嫌なのだと思います。なので軽いウォー
ミングアップだけでも日々してしておかれたいのでしょう。。

工事のおじさんたちには申し訳ないくらいの、オーブンから焼きたての香りをプンプン
漂わせながら作られたのが、このクリームパン。

みんなが知る”あんパンやクリームパン”などのオーソドックスなパンは、国民にイメージが
固定しているせいか、どうも作りづらいようでなかなか綾部さん自身が理想とするレシピの
確立が出来ずにおられました。
私たちは作っていただくと美味しく思うのですが、本人の中でのが出ず、長らく保留されて
いましたが、こんなひょんな時にこそ、アイデアが出るものなんですね~

ふかふかと柔らかすぎず、パサパサ・もさもさしておらず、どこか懐かしいようなしっとりとした
コシのある生地を割ると、中からお菓子屋さんならではお手製の上品なカスタードクリームが
顔を出して、食べごたえもあって、老若男女どなたにでも愛されるクリームパンが完成しました!

昨日から日常生活に戻り、今日からは夏休みが終わり9月からスタートするcafé オランジュの
お菓子作りが始まりました。
そんなこんなで今年の夏も終わりってしまいそうです。




Cream Bun by café オランジュ
クリームパン



スポンサーサイト



22:16 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

このいつもより暑い夏、なかなかお昼が食べづらいという話を度々、耳にする。
綾部さんのご主人もカフェが営業の日は、お決まりのごとく手作り弁当を持参されるが、
この夏はなぜか、お昼のお弁当はお米を避けられ、パンがいいと執拗に言われ、毎日
手作りパンや、サンドウィッチなどを持って出かけられます。

以前ご紹介したカレーパンも、食欲のない時などカレーの持つ魅力で食欲が湧き、
食が進む。出掛ける際に冷凍パンを持っていくと、食べるころにはうまい具合に
自然解凍で昼食に頂ける。
仕事中が忙しくてゆっくり時間がないときにも、重宝しているというお話を聞いて、
綾部さんのパンのレシピにほとんどない”おかずパン”を、新たに作られました。

ひとつ食べてしっかり栄養価があって、おなか持ちもよくて、食が進むパンを考えられて
出来上がったのがこの、『具だくさんミートパン』。
パンの中の具にも充分気を配られ、万人が好むようなやさしいお味に仕上がっている。
具材も豊富で、牛と豚ひき肉を合わせて、ゆで卵に、春雨、たっぷりの玉ねぎで甘みをだし
ジューシーで、具材を包むパン生地ともよく合って、美味し~いです
なおかつ、パンの表面にはトロ~リチーズまでトッピングされてゴージャスなミートパン
が出来上がりました。

ご本人が目指していたのは”ピロシキ”だったそうですが、どこでどうなったか。。
全く新たなパンの誕生となりました。
この暑さで食欲のない方、もちろんしっかりある方も、ぜひぜひ一度ご賞味ください





14:28 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

暑い日も変わらず。 

日常 |







今日は久し振りに、植物にとっても私たちにとっても涼しさとともに、恵みの雨となった。
何日ぶりくらいだろうか…
これを機に暑さの和らぎを望みたいものです。

この夏は自分たちでも理由がつかめないまま、なぜか日々忙しく過ぎていきます。
お菓子を作ったり、新作パンを開発したり、シュガーを製作されたりと暑い夏も、相も変わらず
師匠はうまく時間を使って、有意義に過ごされています。

七月の強い日差しの午後、突然、綾部さんの中学校の恩師(なんと御年、94歳)から、
café オランジュに居ると連絡が。
自ら運転されやって来られて、今ケーキを頂いているとの事で、慌てて綾部さんは会いに行か
れました。ご本人いわく、『一人でわがままに暮らしているのよ』と言われるのですが、見た目も
お若く、食欲もおありでケーキが美味しいとペロリと食べられ、見ている方が驚くばかり。。

来られた訳は、あまりにもあなたのシュガーが素敵だったのでプレゼントしたいので、四つ作って
ちょうだい。寂しい色は嫌よ。とのオーダーでした。
それから、ご年配者を待たしてはいけないと綾部さんのキューピッチの製作で出来上がりました!
やはりいくつになっても好奇心は持つべきものですね~ 

そんなこんなの日々の仕事をこなしているうちに、今年の夏も過ぎていきそうです。
秋を感じる日まで先は長そうですので、しっかり食べて夏バテなどせぬよう、どうぞご留意ください





elbe165e.jpg



21:46 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit