FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

チェリーボンボン 2016年 

お菓子 |

    


   elbe182a.jpg




不思議だけれども、チョコレート作業を予定している日は、必ずと言っていいほど冷え込む。
数日前も夜になるにつれ、かなり足元から冷気が来るな~と思っていたら、それもそのはず
外の景色にびっくり、みごとな雪景色となっていました
いくらなんでもここまでの寒さは、初めてでしたが。

週末からの大寒波で外出もできず、家の辺りもシーンと静かで、窓から降りつもる雪を眺め
ながら、閉ざされた雪国気分。
たまにはこういう状況もいいねといいながら、おかげでチョコレートの作業が捗りました。


えこひいきで、不平等とはわかっていても工房で作られるお菓子の中で、『チェリーボンボン』
は、花があるしかわいいし、絵になるし、とっても愛おしい。
もちろん作り手の綾部さんにとっても、6月から準備して製品になるお菓子だけに思い入れも
ひとしおだ。

caféオランジュ特製チェリーボンボンになるためのさくらんぼは、山形の契約農家の佐藤さん
が作られる、一粒にギュッと旨みが濃縮した、選りすぐりの一級品”佐藤錦”だ。
かつて綾部さんは佐藤さんから、この最高級のさくらんぼをチョコレート菓子にしてしまうのは
もったいないから、さくらんぼのランクを下げた方がいいと言われ、他のさくらんぼでも試され
たが、やはりこの佐藤錦でなければ出来上がりの味わいも変わるし、軸がとれたりして、
長い製作過程を乗り越えられなかった。

最後の工程まで手を抜かず、時間をかけ、手塩にかけ作り上げる、チェリーボンボン。
おそらく世界でも作られている方はほんの一握りだと思いますが、残念ながらアルコールが
苦手という理由などで、満場一致では好まれないようです。
最高級佐藤錦とキルッシュ・リキュールの融合、糖衣がチョコレートの中で溶け出しての融合、
それらの美味しさをチョコレートで包みこみ、生まれる味わい。
美味しさが織りなす、チェリーボンボンの奥深さです。





    



 

スポンサーサイト



21:13 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

elbe180B_.jpg

製菓材料の高騰は留まることなく、年々厳しさを増す一方です。
こんな時代だからこそこそ、『真の美味しさ』を追求し、いつ食べても”変わらないおいしさ、
裏切らない味”をお届けできるよう、努めております。

小さな工房での、機械を使用しないチョコレートづくりは根気のいる作業ではありますが、
手間ひま惜しまず、長年の技術・感覚・感性すべてを注いで、作り上げています。
自信を持ってお届けする、最高品質チョコレート、ぜひご賞味いただければ幸いです。
 




elbe180e.jpg
チェリーボンボン 2粒入り   1100円

毎年6月に、山形の契約農家から摘み取られたばかりの完熟のさくらんぼ“佐藤錦“が届く
とすぐ、キルシュ・リキュールへの漬け込みが始まり、毎年ながらあっという間に年が明け、
バレンタインのこの時期がやってくる。
様々な工程を経て、糖衣そしてチョコレートを纏った、何とも愛らしい姿に。
すべての味が凝縮された、この時期だけの限定のチョコレート。


 

elbe180d.jpg
~ミルクカフェ・オレンジ・プラリネ・パッション・キャラメルショコラブラン・キャラメル~
トリュフ6粒入り  1900円
高級食材として有名なトリュフ(きのこの一種)を形どって作った「チョコレート」のこと。
チョコレート作り機械化が進む中、手仕事にこだわり、緻密な工程を長年のキャリアで培われた
手作業で行っている。手作りトリュフはおそらく世界中探しても、caféオランジュだけといっても
過言でない程、チョコレート作業の中では一番手がかかる。
いぶし銀にかがやく、自家製トリュフ。自信を持ってお届けいたします。




elbe180n_201602161859169d0.jpg
**トリュフ・プレゼントボックス**
  トリュフ10粒入り  3400円/ トリュフ15粒入り  5000円 / トリュフ20粒入り  6650円


チェリーボンボンをプレゼントボックスに入れられる場合は、別途料金がかかります




elbe180c.jpg
生チョコレート6粒入り  1250円

フランス語で”石畳”という意味。
フランス、イタリアなど数か国の6種類のあえて、タイプの違う選りすぐりのチョコレートを
チョイスし、互いの相乗効果が出るよう、長年培った感覚でうまくブレンドさせています。
口に入れたとき時の厚み、溶ろけ具合残り香、味わいの熟成度、あらゆる角度から
チェックし、すべてを計算しつくした、カフェオランジュのパヴェ ド ショコラ。
深みのある最高のブレンドを目指し、今年も満足のいく味わいに仕上がっています。




elbe180f_.jpg
ミルクチョコレート6粒入り  2100円

『作り手自らが食したいチョコレート』として作られたのが始まりのミルクチョコレート。
今は疲れた女性を癒し、至福のひとときを与える”特効薬”として、年間を通して
人気のあるチョコレート。
老舗メーカーの最高品質のチョコレートをいい程合いの甘さで、口の中で満足いく
まで留まるよう計算尽くされた、こちらもかなりの気合の入った一品です。




elbe180g.jpg
マカロン ショコラ/バニーユ10ケ入り 各一袋_1600円
マカロン ショコラ/バニーユ各10ケ入り プレゼント箱用_3400円

姿がとてもかわいらしいマカロンですが、シンプルだけに作る上では技術的には難しく、
失敗する率が高いため、出来上がると本当に愛おしいお菓子です。

オランジュのマカロンは天然色にこだわり、たっぷりの鮮度のよい香り高いアーモンド
を使った生地に、パッション味バタークリームのバニーユ、まろやかで濃厚な味わいの
ショコラの2種類です。どちらも甲乙つけがたく人気があり、マカロン生地とのハーモニー
も最高です
”マカロン≒あの甘すぎるお菓子”というイメージを、完全に吹き飛ばす程の美味さ、
作り手も愛おしく思うOrangeのマカロンを、ぜひぜひお楽しみください




elbe180o.jpg
チョコレート詰合わせ (プレゼント用) 4150円/ (自宅用) 3900円

それぞれに手の込んだ贅沢なチョコレート詰合せ です。どちらかと言えば、男性への
プレゼントよりかは、日々お疲れの女性が自分へのパワー源としてご購入いただくほう
が大半ですが。
何よりどれもこれもありったけの美味しさを詰め込んだ、チョコレートの数々、楽しみながら
一年間通して食べていただけますので、脳も体もお疲れの際は、とっておきの常備薬です。





elbe180i01.jpg
オランジェット一袋  450円



elbe180l01.jpg
ロッシュオザマンド&ノワゼット一袋  480円



elbe180j01.jpg
トランシュ オランジュ ショコラ一袋  400円


elbe180k01.jpg
ミルクショコラ・ラング・ド・シャ一袋  260円



elbe180h01.jpg
パール クラッカン ミルクショコラ 一袋  220円



elbe180m01.jpg
アマンドショコラ 一袋  400円




10:03 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

『 先手は万手 』 

日常 |

 
 昨年末から瞬く間に年を越し、新しい年を迎え、ただいま急ピッチでバレンタインに向けての
チョコレート作り真っ最中です。

 残念ながら、”厳かに”とか、”気持ち新たに”など持ち合わせないまま、今年がスタートしてしまったが、
つねづね綾部さんから言われている、『先手必勝』型の作業進行だけは、忠実に守り続けていたお蔭で、
度重なるハプニングにも、何とかやり過ごせた。
『先手は万手』。その言葉どおり、事の先手を取っておけば、どんな作戦や方法よりも、効果絶大。
この繁忙期は身を持って、体験しました。

引き続き、今年も『先手は万手』の精神に基づき、更なる進化を目指して日々過ごしていきたいものです。


下ごしらえから重詰めまで計五日間かけて、懇切丁寧に作られる”お節料理”が、お決まりの歳末最後
の締め括り行事。
四十品以上に及ぶ日本の伝統食だけに、お手伝いするにもそれなりの気合を入れて料理に臨まなけ
れば、失態が付きまとうため、キッチンには緊迫感が漂っている。
この雰囲気もまた、お節料理の醍醐味の一つで、綾部家の歳末のひとコマだ。


古式豊かな日本伝統の味の数々をお重に詰め始めて、徐々にお重が華やぎだすと、うるしの美しさが
さらに栄え、慶塚漆器工房さんの漆器とお料理が互いを際立たせて、無くしてはならない、
日本の伝統美をあらためて、教えられます。

 
当然ながら、いつかはあることだと分かっていた別れが、突然訪れた。
今ある綾部さんをこの方向へと、やさしく導かれたお義母さまが103歳を前に、年末に静かに他界さ
れました。
受け継ぐべきもの、事、意志や思いとともに、綾部さんの新たな年が動き始まりました。





わじま 慶塚漆器工房作の漆器とともに


23:52 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit