FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

9月も残すところわずかというのに、日中は30℃を越える暑さ。
それでも、鼻をかすめるキンモクセイの香り、富士山頂の初冠雪の知らせ、新米の到着などなど、
『自然のはたらき』は歩を緩めることなく、ブレることなく、進んでいます。

café オランジュにもこの季節恒例のマロングラッセ製作用の、栗が兵庫県から届きました。

栗の木は至るところで見かけますが、やはり毎年送っていただく農園の栗は、かわいい絵に
描いたような栗のカタチで、美しく輝き、皮は薄く、栗むき作業が楽しくて仕方がない。
年に一度の楽しみだ

皮むき作業を終えると同時に、栗たちがうまい具合で”マロングラッセ”と変身できるよう、綾部さん
独自の手法で手間ひまを掛けていき、長年調合されているマロングラッセシロップに漬込まれる。
それらが完了すると、毎年ながら、今年も終わりか…と実感してしまう頃合いです。

私も自然のはたらきに波長を合わせて、事を成していきたいと望むばかりです。


このキンモクセイのような、オレンジカラーのバラは≪オレンジユニーク≫。
単に”鮮やか”とは、ひと言では言い表せないこのオレンジ色は、赤や茶の色味も含んでいるせいか、
落ち着いた、穏やかな印象を与えてくれる秋にお似合いのオレンジ色のバラ。
小ぶりの花器に、ぎっしりと詰め込まれ、オレンジユニークのさまざまな表情が楽しめる。
花器の足元のアイシングで絞られたレースが静かに際立ち、バラとのバランスがいい感じ





バラ:≪オレンジユニーク≫を飾った花器
produce by Kayoko Ayabe



スポンサーサイト



17:16 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

夏季休暇あけのカフェオランジュ。 

日常 |

長らくサボってしまいました
夏の暑さに脅かされながら過ごしているうちに、幾分涼しさが増し、長い夏季休暇を終えたオランジュにも
少しずつ秋のケーキが出始めました。

9月の最初にお目見えする定番ケーキは、マンダリントルテとショコラマロン。
マロンは、秋の到来とともに春が始まるまで君臨する、人気絶大の食材。 それだけにケーキのレシピ
数も多く、暑さの残るこの時期はさわやかなマロングラッセ入りのババロアにショコラビスキュイを飾った
ケーキが登場します。

マンダリントルテは個人的には大好きなケーキで、北ドイツのローマジパンを使用して作られたケーキです。
名の通り、柑橘系の軽やかなクリーム、そしてナポレオンが愛したコニャック”マンダリン ナポレオン”を使って
さらに香り豊かなケーキへと導いています。
一年越しに早速いただきましたが、綾部さんがさらに手を加えられている由もあるが、ますます芳醇な高貴な
ケーキに仕上がっています。

以前からリクエストの多かった、”シュー・ア・ラ・クレーム”。
先月に一度登場しましたが、あっという間に大人気に!
しっとりとしたやさしい食感のシュー生地に、たっぷり詰め込まれたクリームがクリーミーながら、とっても
軽い口当たり 見るからに美味しさオーラを放つ、綾部さん特製のシュークリーム!

などなど、甲乙つけ難いケーキを揃えてお待ちしております。どのケーキの引けを取らず、マスターの
淹れてくださる自家焙煎コーヒーに、しっくりとよく合います。


夏休みが待ち遠しかった私ですが、いざ休んでみるとやはり日々忙しいと言いながら、美味しいものに
思いを馳せながら、工房で働いてる方がいい!!
これからいい季節になりますね~




(左)マンダリントルテ ・ (中)シューアラクレーム ・ (右)ショコラマロン


02:38 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit