FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

  

都合により、『カフェオランジュ工房』ホームページ”ドレスデンの庭”、は別のサーバーに引越しました
新しいURLは下記のとおりです
下記URLにブックマークまたはリンクの変更をお願いします
早々にご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします



   




ドレスデンの庭 ~カフェオランジュ工房~
    elbe202b.jpg





2016年 カフェオランジュ工房のクリスマスケーキ
    elbe202c_.jpg




今後ともよろしくお願いいたします




スポンサーサイト



20:19 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

チョコレートシーズン。 

お菓子 |

           



カフェオランジュの前の立派な、姿形のよいイチョウの木も昨晩の嵐のようなカミナリ風雨で、
あっという間に葉が落ち、今日は最後の見頃かもです。


少し気温が低くなるのと、年末に向け何かと忙しくなるこの季節、ちらほらチョコレートの要望が増えてきます。
今日は今シーズン初のテンパリングを行い、あーもうこの季節か。。と実感いたしました。ホントに早いものです。
手始めは軽く、”アマンド ショコラ”。
最近の原材料の高値で、立派な香ばしい香り漂うアーモンドと、チョコレートの組合せは本当に贅沢な
コンビネーションとなりました。が、やはり相性は最高

チョコレートシーズン初めに必ず綾部さんがされることは、生チョコレートの製作です。
特に生チョコレートは綾部さんにとっては、多種多様のチョコレートの取り合わせ(ブレンド)が要と言っていいほど。
同じメーカーの商品でも気候の変動などにより、チョコレート味が毎年変化したり、あらゆる産地のものも出始め、
新たな新商品も多く、どれをポイントにしてテイストを決めるかなど、そのシーズンの使用チョコレートがこの第1回目
の生チョコの試作で決められる。
以前は精密機械の国『スイス』のチョコレートがNO.1に君臨していましたが、時代の流れとともに、チョコレートの
原産国のアフリカに工場を作って輸送・人件費などのコスト削減で価格を低めに設定したり、それでもやはり
フランスのチョコの人気も高いし、甲乙つけがたく、本当にさまざまのチョコレートが世に存在するのです。


そういう訳で、毎年生チョコのレシピは、また新たに書きかえられます。
今シーズン初の生チョコの受付が始まりました





12:46 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

クリスマスケーキ 2016 

お知らせ |



早いもので、11月も気が付けば中旬を過ぎました。

お待たせいたしましたが、カフェオランジュ工房の今年のクリスマスケーキが出揃いました。
ホームページ ”ドレスデンの庭”の方に載せていますので、お時間のある時にまた見てください。


 2016年 カフェオランジュ工房のクリスマスケーキ






07:27 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

大阪教室の方々と”秋の旅”。 

出来事 |






紅葉にはまだひと足早すぎましたが、皆で美味しいものをいただき、日本三大美人の湯で体を癒し、
おしゃべりに花を咲かせ、行く先々でお買い物でハッスル。

大阪のお菓子教室は平成元年に始まった頃からのお付き合いなので、皆さんとは気心が知れ
和気あいあいとおしゃべりの絶えない、バス旅行となりました。

旅の始まりは、カフェオランジュにお越しいただき、いつもは静かなオランジュも大賑わい。
マスターの香り高いコーヒーと綾部さんの手作りケーキであっという間の、コーヒータイム
そこからバスで佐賀方面へ。

嬉野温泉の隠れ家的なお宿は、風情がありお料理も美味しく、温泉は広々、川沿いの離れのお部屋も
素敵で、接客応対もよく、大満足
ぜひとも来年も、この同じお宿で旅したいとのリクエストで旅の締めくくりとなりました。

短い旅ながら、飛龍窯、波佐見焼、柿右衛門・唐津焼・・・と窯元もめぐれて、呼子名物のイカに佐賀牛に
大原松露饅頭と、一応の目的も果たし、綾部先生を囲みながらの途切れることのない笑い声とともに、
楽しい旅となりました。

ぜひまた九州へ




elbe199c.jpg



13:43 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit



ここ数年、温めてきたものがやっとカタチになりました。
お時間のある時に、見ていただければと思います。        しばいけあずさ



dresden-no-niwa.la.coocan.jp ドレスデンの庭




19:51 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit