FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。



 『茹だる(ゆだる)』ような熱さから音が転じて、『うだるような暑さ』と表現されるようになったそうだが、
この夏の暑さは、本当に困りものですね。。
まさに、ぐらぐらと熱い湯で茹であげられたような、暑さで体がぐったりですね。
うだるを通り越して、ゆだるような暑さで、皆さんのお体もさぞ、お疲れのことかとお察しいたします。

 こんな時はカフェオランジュでゆったり心も体も休めて、コーヒーブレイクをおすすめします。
田舎にあるため、なかなか足を運べない方にも雰囲気だけでも感じて、疲れを癒していただければな~
と思いを込めて、自身のコーヒーブレイクを写真に収めました。


 カフェオランジュの夏に、わずかな期間にだけお目見えする”クレームダンジュ”。
フランスの庭と称されるほど、風光明媚なロワール地方。ゆったりと流れるロワール川のほとりにある
アンジュの銘菓とされています。
正式には、クレームアンジュでフランスの有名な美食家は、「アンジェのクレメは神様のごちそうだ」と
絶賛したそうです。

真っ白なふわふわしたクレームダンジュはフランス特産のフレッシュチーズ、”フロマージュブラン”に
生クリーム・イタリアンメレンゲをあわせて、ガーゼで包み、仕上げています。
まさにフレッシュさと、おいしさを凝縮した逸品。

そしてデザートに花を添えるのは、香り高く、美しい色合いのフランボワーズ・ソース。
食感も、味わいも、見た目もすべてが完ぺきな最高のマリアージュです。









カフェオランジュの8月の営業も残りわずかとなってきました。ご来店お待ちしております。

○ 8月21日(月) ~ 31日(木)  夏季休暇いたします


スポンサーサイト



04:56 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit