FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

ありがとうございました!  

お知らせ |




カフェオランジュは本日のクリスマスピアノコンサートで、年内の営業を終了させていただきます。

カフェオランジュ工房も、年内の受注はすべて終了させていただきました。


○冬季休暇○
12月25日(月) ~ 1月6日(土)
年明けは、1月7日(日)から営業させていただきます

今年も一年間ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。



スポンサーサイト



10:04 |  trackback: 0 | コメント: 1 | edit


 ここ数日は寒さが格別です。

寒いのにもかかわらず、なぜか温かいお部屋で食べるアイスクリームは、なかなかいいものですよね。
それと同じなのか、この季節にいつもご依頼が多くなるのが、”レーズンウィッチ”。
カフェオランジュ工房で唯一、冷凍保存可能なお菓子です。
みなさん食べ方にも好みがある様で、冷凍庫から取り出してすぐにシャリシャリ感を楽しまれる方、
常温に戻して、バタークリームがやんわりなったところを満喫される方、いろいろです。

上品な甘さのさっくりしたクッキー生地からほのかに香るラム風味に、アーモンド。バタークリームは
純正バターをふんだんに使用しながらも、くどさがなくとっても軽くてクリーミー。
間にサンドしているレーズンは、粒が大きくてぷっくりしたいい食感。ひとつながら、見事にバランスの
整った、充足感を与えてくれるひと品です。


 焼き菓子にも手抜きすることなく、存分に手間ひま掛けているのが伝わるのか、いつも変わらない味、
飽きのこない味と言って長年、ファンでいてくださるお客さまがいてくださり、感謝しております。

 地道な手作業で素材を大切にし、見た目は地味ながら、来年も変わることなく、手間ひま惜しまず
小さなお菓子にも満足いただけるよう、がんばってまいります

 好評につき、カフェオランジュ工房の焼き菓子の年内受注は終了させていただきました。







14:22 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

カフェオランジュもクリスマスに。 

日常 |



 師走に入り風も冷たく、めっきり気温も下がり、カフェオランジュの前の立派のイチョウの木も、
残念ながらすっかり美しい葉を散らせてしまいました。

まさにクリスマスシーズンの到来です!
カフェオランジュも扉を開けると、あちこちクリスマスカラーで彩っています。
田舎にある小さなお店ですが、お店でコーヒーを楽しんでいただいている間だけでも、師走の
慌ただしさを離れ、ほっかり温かいクリスマスを感じていただければと願います。

 お時間はなかなかないと思いますが、ぜひ足を運んでください


 カフェオランジュ工房の方は一年で最も活気があり、脳内をフル稼働でみなさんにご依頼
いただいたクリスマスケーキ作りに勤しんでおります。
ぜひ楽しみにお待ちくださいね。





12:56 |  trackback: 0 | コメント: 1 | edit