FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

    



 サクラの蕾はぷっくりとして色づいているのに、ここ数日の寒さと長引く雨で姿を見せてくれません。
この時季の寒暖差が一年でいちばん苦手としている私。
何とも言えない冷え込みと、ひやっと首に巻きつくような冷たい風で体力を奪われそうだからです。
用心用心。

とはいえ、木々や花々にとって、この時期の長雨は恵みの雨、『 催花雨 』。
桜をはじめいろいろな花を催す(咲かせる)雨という意味だそうです。
この言葉を聞くと、どんよりした春の雨の印象も変わり、やわらかい春の雨に癒されそうです。


バレンタインのチョコレート、ギモーヴ(マシュマロ)、キャラメルに、シーズン終わりのチョコレート作り…
年明けからは毎年恒例のお菓子づくりが、ぎっしり詰まっているせいもあり、とりわけ予想以上に
追われているうちに季節はめぐり、いつもふと気付けば3月も終わりに差し掛かり、慌てて、カレンダー
製作に入ります。
あれこれ悩みながらひと月ひと月、いかに美味しそうに、なおかつかわいく見えるかそれだけを考えて
没頭する数日は若干辛さも伴いますが、とっても楽しい時間でもあります

毎年ながら、いっつもギリギリですが、今年はなおひどく、5月始まりカレンダーにしようかと一度は
頭をよぎりました。。
一年間撮りためた写真を並べてみたものの花やかさに欠けるということで、綾部さんが急きょ2種類の
いちごのケーキを先週末作ってくださいました
やはり作り手はすごい!

今回はこの秋にシュガークラフト作品展を予定していますので、新作の綾部さんのシュガー作品に、
花やかないちごのケーキの写真も加わり、完成しました。
綾部さんの作られるものの”いちファン”として、私の楽しみで撮った写真が活かせてうれしい限りです!
いつも楽しみにしてくださり、ありがとうございます。


”まだ土の中に眠る小さな筍”をこよなく好いている綾部さんのおかげで、我が家の食卓には頻繁に
あらゆるたけのこ料理がお目見えします。
なたね梅雨、の次は、たけのこ梅雨そしてまた、梅雨がやってくるなんて早いものですね。




     elbe223a.jpg


スポンサーサイト



23:17 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit