FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

春色・パステルカラーのマシュマロ。 

お菓子 |

 
 曇り空にひときわ、サクラの花々が際立ってきれいでしたが、今日の天候はまさに花冷えでした。
北海道では5月から6月初めにかけてちょうどライラックが咲き誇るころ、本州のサクラが咲くころの
花冷え同様、『リラ冷え』の現象が起こるそうです。
美しい紫色のライラックの花冷えなんて、ことばの響きからして惹かれます。

自宅兼工房でお菓子作りを行うのと、出不精が相まって、めったと外出しない私たちですが、ささやか
な趣味は庭の花の手入れ。お花にとってもいい季節がやってきました。


 カフェオランジュ工房は小さいながら、バリエーション豊富に季節を追ってにお菓子作りを作るため、
3月のマシュマロづくりを終えると季節をひと巡りした思いで、ほっと今シーズンを終えた気分です。
そのうえ、このマシュマロの色合いとカタチのかわいさは、ダントツですね


フランス産フルーツピュレをふんだんに使用するため、各々くだもの本来の色合いそのままで
出来上がり、カタチも手作業で絞っていくため、ぷっくりとした何とも愛らしい姿に
仕上げにはフランス産の溶けない粉砂糖をまぶして、うっすらお化粧をして仕上がります。
お味も色それぞれ、くだもの本来の美味しさが口の中に広がります。
オレンジ・いちご・フランボワーズ・アプリコット、パインに青りんごに、ブルーベリーと本当に
パステルカラーの天然のかわいらしさ!


 ギリギリとなりましたが、今年もお菓子とシュガークラフト作品の写真でつづったカフェオランジュ工房
オリジナルの四月はじまりカレンダーが出来上がりました。
お待たせして申し訳ありませんでした・・・



elbe239b.jpg


スポンサーサイト



21:30 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit