FC2ブログ

エルベの窓 ~カフェオランジュ工房~

シュガークラフト作家 & カフェオランジュ工房 主宰 “綾部加代子” さんの工房の風景を、まるで窓から眺めた気持ちでカメラにおさめ、感じたことを書き留めています。シュガークラフト、そしてお菓子づくり、日常の出来事 までを綴ってみました。シュガークラフトはすべて砂糖で作られた世界です。お菓子は手作業で材料を吟味し、ヨーロッパの伝統菓子を中心に展開しています。エルベ川の雰囲気をイメージして。。

春が来たけれど。 

日常 |

 

 春になると、こぼれんばかりに花を咲かしてくれる庭のモッコウバラも、この雨の後にはつぼみを
開いてくれることでしょう。
季節ごとの花も、温暖化の影響は多少あれど、それぞれ顔を見せてくれ、地球の恵みは何ら変わ
りないのに、この2020の春は、かつてない動きですね。
早く落ち着きを取り戻してほしいと、願うばかりです。


 カフェオランジュ工房の面々は普段から、出不精で自宅にこもりがち。
なので、日々変わらず、毎年決まって作る季節ごとのお菓子製作を続けております。
お菓子サイクルも年間の上半期は、けっこう静かに慌ただしいです。

チョコレートづくりを終えると、キャラメル、マシュマロ、いちごのコンフィチュールと続きます
それぞれに個性とかわいらしさを備えた、コンフィズリーは小さいながら魅力満載。
(コンフィズリーは砂糖菓子。小麦粉などの粉類は使用せず、オーブンで焼かない小さな
お菓子のことを指します)

 ここしばらくは、いちごのコンフィチュールづくりウィークです(笑)
なかなか綾部さんのお気に召す『いちごの粒の大きさ』がなくて、やっとここ最近、粒ぞろいに!
いちご農家さんからもぎりたてのいちごを、鮮度の良いうちに分けていただき、私の帰りを待って、
すぐさま、コンフィチュールづくりに入ります。

ひと粒一粒のいちご本来の美味しさ・食感・香りを大切にとじ込め、その上、なんとも美しいルビー色に
何かと共にいただくのも良しですが、私はひと粒の味わいをじっくり堪能しながらいただくのが好きです。
春ですね~
どうぞ皆さんもこんな時こそ、メディアに振り回されず、旬の恵み・美味しいものを口にして気持ちを
晴れやかにしましょう!



  

 『カフェオランジュ工房のお菓子 & 綾部さんの砂糖で作られるバラの数々』で綴った、四月はじまりカレンダー
 お待たせいたしました!


スポンサーサイト



16:56 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit